バックアップの欠如がもたらす様々なリスク

 この1年間に急速な勢いで広まったテレワーク。ここで大きな課題になっているのが、テレワークで使われるPCのデータバックアップだ。社内にあるPCとは異なり、社員の自宅や外出先に存在するPCデータのバックアップを徹底することは、決して簡単ではない。いつネットワークに接続されるのか、IT管理者には把握しきれないからだ。

 事実、PCデータのバックアップをきちんと行っていない企業は意外と多い。2020年6月に行われた調査(※)では、「バックアップ対象として当てはまるもの」として「クライアントPC」を回答に含めた企業の割合は、25%に満たなかった。この数字は現在も、大きく変化していないのではないだろうか。

 このような状況では、結果的に様々な問題を引き起こすことになる。例えばユーザーの操作ミスやハードウエア障害でファイルが失われてしまったらどうなるか。それが重要なファイルであれば、業務上大きな影響が出てしまう。

 また、テレワーク用PCは社外にあるため、紛失や盗難の危険性も高い。警備がしっかりしているオフィスより、社員の自宅やコワーキングスペースなどを利用するほうがリスクは高くなるからだ。さらに最近では、テレワーク用PCを狙ったサイバー攻撃も増えている。ランサムウエアに感染した場合、バックアップが存在しなければ身代金を払う以外データを戻す選択肢がなくなってしまう。しかも払ったとして、データが手元に戻るとは限らない。

 データをバックアップしておけば、このような状況を回避できる。また、PCの紛失・盗難の際も、そのPCにどのようなデータが存在していたのかをバックアップから把握できるため、情報漏えいの危険性に関して説明責任を果たし企業のブランド価値低下を最小限にとどめやすくなるとともに、必要な対処が迅速に行えるようになる。テレワーク用PCのデータバックアップは、本来なら社内PCよりも徹底して行うべきだといえるだろう。

 ただし、前述のように、いつネットワークに接続されるか分からないため、「夜間にバックアップを一斉に取得する」といったことは難しい。ユーザー自身によるセルフサービス型のバックアップを中心にプランを立案すべきだ。しかもバックアップ先は、IT管理者が集中管理できる場所が望ましい。次ページ以降では、実践が難しいテレワーク環境のバックアップの現実解について考えてみたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。