DXやクラウドシフト、テレワークの拡大などで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末をビジネスで利用する企業が非常に増えてきている。モバイル端末の活用は、新型コロナ感染対策による出社率抑制といった目的だけでなく、利用者に利便性や効率性の向上を与え、新たなビジネスの創出などを生む可能性があるため、今後も拡大していくことが考えられる。

 モバイル活用を進めるうえで、多くの企業が注意しているのは、モバイル環境でのセキュリティだ。しっかりとしたセキュリティ対策を行っておかなければ、モバイル端末を起点に、情報漏えいやランサムウエアの被害に遭いかねない。

 一方で悪意のある攻撃者は、ビジネスのモバイル活用の広がりを黙って見ているはずがなく、モバイル環境を標的としたサイバー攻撃を増加させ、巧妙化を繰り返してきているのが現状だ。

 テレワークやクラウド活用を進めていく中で、モバイル端末をどのように守っていけばよいのだろうか。モバイル環境を取り巻くセキュリティの現状と、今後のセキュリティ対策について考えていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。