多くのPCメーカーがテレワークに最適なモデルをリリース

 2020年春の緊急事態宣言以降、多くの企業がテレワークを導入した。現在でも在宅勤務やサテライトオフィスなど、通常のオフィス以外の場所で働くケースが増えているはずだ。

 テレワークを導入する上で課題となるのは、まず「生産性」だろう。いかにしてオフィスと同じような環境を整備するか。その大きなポイントとなるツールがPCである。基本的な性能はもちろん、その使い勝手によって生産性は大きく左右される。

 会社から支給されたノートPCが思った以上にパフォーマンスが悪く、動作が遅くなったり、画面がフリーズしたり、資料を編集しようと思ってもなかなかアプリケーションが立ち上がらなかったという経験をした人も少なくないだろう。

 こうしたことから、多くのPCメーカーがテレワークに最適なPCをリリースしている。今回はその中から、デル・テクノロジーズが提供する最新のノートPCとデスクトップPCを実際に使ってみた。次ページ以降ではその具体的な機能や使用感について紹介したい。

日経コンピュータ 2020年9月3日号
顧客満足度調査2020-2021 デスクトップPC部門 1位

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。