課題分析から施策提案までをわずか1カ月で

 日々の業務を根本的に見直し、改善していくのは難しい。開発プロジェクトでも同様だ。見直しにかける時間とコストがあるなら目の前のプロジェクトを前に進めたいと、つい考えてしまい、毎回のように同じ課題にぶつかったり、最終製品の十分な品質を担保できなかったりする。

 こうした問題を解決するのが、バルテス株式会社の提供するサービス「クイックサーベイ」だ。

 クイックサーベイとは、課題分析と施策提案により、組織の課題を最短経路で解決に導くサービス。テスト専門会社としての実績が豊富なバルテスが、ヒアリングやドキュメントの精査を基に、第三者視点で組織全体の課題を分析し、整理する。その上で明らかになった課題に対する施策を、優先度をつけながら提示し、その実行のためのロードマップまで描く。

 一般的には、前段の課題分析だけでも3~6カ月近くを必要とすることが多いが、このクイックサーベイの場合は施策提案まで含めて、わずか1カ月という短期間で行う。

 バルテスがこのサービスを正式にスタートさせたのは2020年5月。取引先から相談を受けてオーダーメードで対応したところ、立て続けに同様の依頼を受けたことから、パッケージ化して提供を開始した。

 すでに、第三者視点かつスピーディーなクイックサーベイによって、組織体質の改善を図っている企業は多い。その導入事例として、株式会社JSOLと株式会社モルフォの2社の取り組みを次から紹介していく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。