Microsoft 365 やZoom等のSaaSも監視しないと競争力低下へ! 山積するIT運用監視の課題

 日本企業のITインフラ管理が限界に達しつつある。

 要因の1つには、数多くの日本企業が課題に直面する都度、ソリューションツールを導入して対策してきたことがある。結果、社内のシステムがサイロ化し、管理が複雑化して困難になっているのだ。特に各ツールのコンポーネントからバラバラに飛んでくる膨大なアラートの対応に追われているシステム管理者は多いだろう。

 さらに、このような環境下ではトラブル発生の際、障害の切り分け作業やインシデント・障害復旧対応など、トラブルシューティングに時間がかかってしまうのは想像に難くない。

 また、クラウドツールの導入が急速に進む中、オンプレミスとクラウドが混在するハイブリッド環境で、システムを運用する企業が増えていることも先の複雑化に拍車をかけている。

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、従来のようなIT管理体制では対応が難しくなっていることも課題だ。在宅勤務を実現するため、Zoom, Slack, Microsoft 365 など新たなクラウドサービスを半ば強制的に急ぎ導入することになったことで、運用管理の範囲が広がり、それらの新しいクラウドサービスをいまだ監視できずにいる。もちろんシステム管理者が在宅で運用管理業務を実現するためのIT環境も必要だ。

 以上のような課題があることを考えれば、従来のIT運用監視体制では問題があることは明白。もし、このような状況をそのままにしておけば、IT管理者は日々の管理業務で手一杯でDX推進などのコア業務に集中することは難しい。つまり競争力の低下を招く原因になりかねないのだ。

 それでは、具体的にどのような対策を講じればよいのだろうか?

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。