かつてはIT企業でもAIの効果を引き出し切れなかった

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が叫ばれる中、それを推進するテクノロジーの1つとして「AI」への期待が高まっている。

 一方、脚光を浴びれば浴びるほど、AIという言葉がバズワード化している節もある。実際、AIありきでプロジェクトを進め、失敗する企業は少なくない。これはユーザー企業だけでなく、その取り組みを支援するIT企業側も同様だ。「我々も、AI活用を希望する多くのお客様のプロジェクトをお手伝いしてきましたが、過去には多くの苦い経験も重ねてきました」と語るのは、Fabeeeの武田 恭治氏である。

Fabeee株式会社
デジタルソリューション事業部
部長
武田 恭治氏

 Fabeeeは、某国立大学との連携によって生体データを解析するアルゴリズムの研究開発にあたるなど、AI領域の高度な知見と技術力を強みに企業のDXを支援するソリューションパートナーだ。それでも、事業開始からしばらくの間は、AIの強みを引き出すための方法論を見つけあぐねていた部分があったという。

 「当社は、一般的なシステムの受託開発も請け負っています。そのため『お客様の要望に従って開発・納品する』というスタイルが染みついてしまっており、それがAIの真価を引き出せない1つの要因になっていたのです」と武田氏は自戒を込めて振り返る。

 そもそも新技術であるAIの場合、顧客企業側が「どんな課題に有効で」「どう活用すべきか」のビジョンを持っていることは少ない。また、高度な活用を具現化するには十分な量のデータが必要だが、それが揃っていないケースも多かったという。その状態で顧客の要望だけを聞いていけば、当然ながら大きな成果は得られない。ソリューションを導入しPoC(概念実証)を実施しても、投資対効果を無視した技術評価に終始してしまい、ビジネス成果につながらないケースがあったという。「お客様の“DXパートナー”として、なんとかしなければという強い危機感を抱いていました」(武田氏)。

 だが、こうした苦悶も今は昔となった。過去の反省を基に、真に役立つAIソリューション、およびDX支援サービスを見つめ直した同社は、自らを「DXコンサルティングファーム」と再定義。同時に、新サービス「Fabeee DX」を核とした顧客支援の新たな方法論を編み出したのである。結果、同社はFabeee DXの提供を開始した2020年度に、20ものAI関連実績を上げている。

 今回は、同社のFabeee DXの特徴紹介を通じて、効果を引き出すAI活用のポイントを考える。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。