既に出荷台数の6割近くを占めるモバイル型のワークステーション

 この1年、テレワークへの移行が契機となり、一気にモバイル端末へのニーズが高まった。高度な処理能力が求められるワークステーションの領域でも、これは例外ではない。

 モバイルワークステーションの躍進を如実に示しているのが、「IDC Workstation Tracker 2021Q1」の調査結果だ。全世界のマーケットではワークステーションの出荷台数がこの1年間で25%以上増えており、そのうち6割近くをモバイル型が占めているのである。

 以前は「タワー型やデスクトップ型でないと十分な処理性能は確保できない」と考えるエンジニアやデザイナーも少なくなかったが、実際に在宅勤務でモバイルワークステーションを使い始めた結果、「モバイル型でも十分業務ができる」という認識が世界的に広がっているのだ。

 これに加え、「在宅勤務以外の業務」でもモバイルワークステーションを適用する企業も増えている。持ち運びやすさという利点を生かし、建設現場や生産現場などでのデータ分析や、顧客へのプレゼンテーション、会議室での設計検討などはその一例だ。また、エンジニアリング以外でも、営業用動画コンテンツの制作に、一般的なPCよりも動画処理性能の高いモバイルワークステーションを採用するケースも登場している。モバイルワークステーションの性能を実感する人が増えた結果、その利用シーンが確実に増えつつあるわけだ。

 実際「モバイルワークステーションを検討したい」「モバイルワークステーションの導入数をさらに増やしたい」という企業も多いのではないだろうか。ここで注意したいのが、モバイルワークステーションもほかのIT機器と同様に、進化を続けているという点だ。新たに導入するのであれば、製品の最新状況がどうなっているのかを知ってから意思決定することをお勧めしたい。

 現在多くの製品が市場に投入されているが、その中でも注目したいのが、グローバルでの出荷台数が14期連続No.1(※)となっている、デル・テクノロジーズのDell Precisionワークステーションだ。ここでは2021年6月中旬に一新された同社のラインアップを俯瞰しつつ、モバイルワークステーションの最前線について紹介したい。

※ 出典:IDC Worldwide Quarterly Workstation Tracker 2017 Q4 – 2021 Q1 Share by Company

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。