基幹系の要求は「長期間、変化させずに安定稼働」

 クラウドファーストは、もはや企業にとって特別なことではなくなった。既に情報系を中心に多くの企業システムがクラウドへ移行しており、最近では基幹系システムをクラウド化する動きも活発化してきた。

 ただ、この状況のもとで、難しい問題に直面する企業が増えている。その問題が、「基幹系システムの要件をどうやってクラウドで満たすか」ということである。

 クラウドのメリットの1つは、システムインフラをクラウド事業者に任せることで、機器の調達や運用の負担を軽減できる点だ。例えば、利用したいOSを選択するとすぐに起動可能なOS環境が提供され、手軽に利用できる。また、常に最新アップデートが適用されるため、新機能やセキュリティ・バグ修正の恩恵が享受できる点もメリットといえる。ところが、これらの利点が、こと基幹系システムにとってはクラウド化のハードルになってしまうのだ。

 そもそも基幹系システムでは、業務アプリケーションの変化が少なく、長期間、安定して稼働し続けることが求められる。いったん正常に動き出したあとは、機能拡張や最新技術を導入することの優先度は下がる。むしろ、何らかの改変が行われると、長期間かけて開発した業務アプリケーションに非互換や動作不良が発生していないか、再度検証する必要性が生じる。IT部門にとって負担になる上、事業部門にも業務停止のリスクが発生する。そのため、機器のライフサイクルが終了するまで、改修やアップデートなどを極力控えたいと考えるCIO/IT担当者は多いだろう。

 このような基幹系システムへのニーズは、「常に最新の機能やセキュリティ・バグ修正の適用が前提となる」クラウドの特性と相いれない。これが要因となって、基幹系システムのクラウド移行をあきらめている企業は少なくないのである。

 だが、これからのビジネスには高い俊敏性・柔軟性が求められる。重厚長大な基幹系システムにおいても、運用のためのコストや人的リソースを専有し続ける状態から脱却することが求められている。

 実は、そのための方法が既に登場している。次ページ以降で詳しく紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。