アプリケーション開発やデプロイの高速化やリソースの効率化、コスト削減などを可能にする「コンテナ」が注目を集めている。本特集では、「コンテナSummit 2021」での4つの講演を紹介。コンテナ技術の特長や課題、それを解決する各種ソリューションや最新動向、活用例、メリットなどを理解できる。

注目のオンデマンドセミナー

「コンテナ納品」で実現する継続的な改善プロセス
~家計管理アプリ「Mable」チームのコンテナ活用法~

三菱UFJ銀行
デジタルサービス推進部 調査役
植木 悠二 氏

銀行のシステム基盤上でいかにコンテナを稼働させ、CI/CDを実現したのか。


Red Hat OpenShiftが加速するビジネスバリューの創出
~コンテナ導入を成功した企業から学ぶ成功要因とは~

レッドハット
テクニカルセールス本部
シニアソリューションアーキテクト
北山 晋吾 氏

課題を明確化した上で、運用の自動化を前提にプロセスを見直す重要性を解説。


DX推進のカギを握るクラウドコンテナ活用とは
~国内外の事例から紐解くコンテナオーケストレーションの手法と技術

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン
シニア・ストラテジスト
太田 昌文 氏
IDCフロンティア
事業推進本部
事業推進部
藤城 拓哉 氏

SUSE Rancherの成功事例を中心に、そのメリットを解説。「IDCFクラウド コンテナ」についても詳説。


開発生産性の向上、ヤフーが駆使する3つのコンテナ基盤

ヤフー
テクノロジーグループ
システム統括本部
クラウドプラットフォーム本部 技術2部
部長
近藤 裕介 氏

3つのコンテナ基盤の使い分けや導入効果、導入の苦労などを詳説。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。