大画面だけじゃない! USB Type-C対応HUBモニターの活用法

 コロナ禍をきっかけに企業の働き方は大きく変わった。会社に出社する日もあれば、在宅で働く日もある。状況に応じて働き方を選ぶことが、これからのニューノーマルになるだろう。

 一方、テレワークが常態化したことで、様々な課題も顕在化してきた。中でも多くの人が不満を抱いているのが、ノートPCの画面だ。文字や画像が小さく、目が疲れる――。頻繁に表示ウィンドウを切り替えねばならず手間がかかるし、効率が落ちている――。誰しもそんな経験があるだろう。

 無線LANに関する不満も多い。電波状況によって回線が不安定になったり、遅延が発生したりするからだ。昨今のノートPCは無線LANの利用を前提に設計され、有線LANポートを装備していない機種も多い。大事なWeb会議に備え、有線LANを使いたいが、仕方なく無線LANで我慢しているユーザーも少なくないはずだ。

 こうした不満を解消するのに有効なのが「USB Type-C対応HUBモニター」である。USB Type-Cケーブル1本でデータも映像も伝送でき、給電(65W~最大90Wまで)もできる。しかも本体に有線LANポートを備えているという製品だ。

USB Type-C対応HUBモニターを使うだけで、テレワーク環境を簡単にパワーアップすることができる

 従来の外付けモニターでもノートPCの画面の小ささは解消できるが、USBケーブルはあくまでデータ用だ。別途、電源ケーブルや映像用にDVIやHDMIといったケーブルも必要になる。さらに有線LANポートのないノートPCの場合はUSB-LANアダプタも導入しなければならない。

 USB Type-C対応HUBモニターはこうした煩わしさを一気に解消し、デスク回りは非常にシンプルになる。見た目がすっきりするだけでなく、その効果は仕事の生産性にも表れる。デル・テクノロジーズが2020年に実施した調査によると、外付けモニターを使って仕事をした場合、ノートPC単体と比べて最大50%、平均35.3%もの生産性向上が確認できたという(※)。

 ごちゃごちゃの配線に我慢しながら仕事をするか。すっきり広々としたデスクで仕事をするか。外付けモニターの選択次第でテレワーク環境はガラリと変わる。次ページ以降ではUSB Type-C対応HUBモニター選びのポイントと活用法を紹介したい。

※出典:Dell Monitor Productivity Study: Examining The Effects Of External Monitors On Remote Worker Productivity

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。