実際にやってみて見えたリモートならではの効果

 新型コロナウイルス感染症は、企業のみならず、学校教育の現場にも大きなインパクトを与えている。最も大きな変化は、やはり「リモート授業」の開始だろう。小・中・高校と大学でその利用状況はやや異なるが、このリモート授業が、感染拡大の抑止と学びの場の維持・継続を両立するものとして一定の効果をもたらしたことは間違いない。

 ここで改めて考えたいのが、リモート授業が秘めた可能性である。教育現場にとっては半ば強制的に始まったリモート授業だが、1年以上これを経験した結果、思わぬ効果に気がつく現場が増えているようだ。

 例えば小・中・高校では、学外の専門家とリモートでつなぐことで、学内だけでは不可能だった授業が実現されている。企業の最前線で働く人が、職場の様子をライブ配信しながら解説するなど、社会に開かれた学びが容易になったのだ。

 これは大学でも同様だ。これまで海外の専門家を日本に招いて話を聞くには、多くのコストと準備期間が必要だったが、リモートならこの問題も解決できる。さらに、講義のコマごとに異なる教室に移動したり、ゼミでディスカッションの際に机の配置を換えたりといった手間も必要なくなる。結果、学生・教員ともに時間の余裕ができ、その時間を学生との質疑応答に充てるといったことも増えているようだ。

 こうしたことを考えると、たとえ感染が収束しても、再び「完全リアル」の授業に戻すことは得策ではないだろう。リモートのメリットを生かした新しい学び方を模索することが、教育現場の関心事になっている。登場しつつあるユースケースとさらなる可能性について、文教領域に詳しいプロフェッショナルに話を訊いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。