DXを進めて業務改革を行い、単純作業をなくして新たな取り組みや改善活動のための人材活用を目指すことは、企業の成長や価値向上にもはや欠かせない。情勢を受けて、RPAを導入する企業も増えてきた。しかし多くの企業が導入段階に留まり、全社に広く浸透させられていないのが現状だ。自動化のメリットを享受できず、悩みを抱えるケースは想像以上に多い。

 「原因の1つに、組織運営があります。まずは確固としたCOE(Center Of Excellence)を置く。COEが全体統制を意識する。それと同時にユーザー自らが、自動化を担うハイブリッド型COEモデルを構築していく。こうした動きが重要になります」とオートメーション・エニウェア・ジャパン プロフェッショナルサービス本部 RPAプログラムマネージャー、プリンシパルの中川武也氏は説明する。

 COEが全体統制を意識しながら、同時にユーザー自らが自動化を担う。これが「ハイブリッド型COEモデル」だ。中川氏によれば、同モデルによって自動化を加速化し、スピード感とスケーラビリティを達成できるという。

 一方で、ハイブリッド型特有の課題もある。要点を押さえたCOE(Center Of Excellence)の体制を作り、対策せねばならない。少人数でCOEを運営する場合は、尚更だ。COEにおける重要な勘所とは、いかなるものか。真に効果を生み出す自動化の実現へ。悲願を達成するまでの道筋を辿る。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。