IT人材不足でAI活用が進まないジレンマをどう解消するか

 注目を集めるデータ分析やAI活用。そのインパクトの大きさは、実用化に向けて研究が進められている自動運転を見るだけでも明らかだ。AIを活用した自動運転は、道路インフラに大きな手を加える必要がないため、多くの国や地域に適用できる。そしてこれが実用化されれば物流のあり方はもちろんのこと、自動車のシェアリングも加速し、自動車業界全体を大きく再編する可能性も秘めている。

 同様のことは自動車や物流だけではなく、様々な領域で進んでいくはずだ。ある調査では、AI市場の成長は年率約2倍になると見込まれており、AIへの投資を戦略的に増大させていかなければ、今後10年、20年後には生き残れない企業も続出するという指摘もある。

 このことは日本政府も強く意識しており、2016年には当時の安倍内閣が、人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップを策定するため、「人工知能戦略会議」を発足させた。2019年には国のAI戦略の基本的な考えを明確にした「AI戦略 2019」を公表。AI人材を育成するため、大学入学共通テストに関連問題を出題することも計画されている。

 しかし日本企業の足元を見ると、AI活用はなかなか進んでいないというのが実情だ。情報処理推進機構(IPA)が2020年2月に公開(2020年11月に更新)した「AI白書2020」によれば、調査対象となった525社のうちAIを実導入している企業は、わずか4.2%にとどまっている。その理由は複数考えられるが、大きな原因の1つは「人材不足」だ。IPAの調査によれば、IT人材の量が不足していると回答した企業の割合は89.0%に達している。

 十分な人材がいない中、AI活用をどう加速していくか。日本企業のほとんどは、この共通課題に直面していることになる。それでは具体的にどのようなアプローチが効果的なのか。その解決策を考えてみたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。