中堅企業に最適なセキュリティ対策が登場

 ITにかけられるリソースが大企業ほど潤沢ではない中堅企業や中小企業において、経営課題の一つに挙げられるのが、企業活動に不可欠な顧客データ、販売データ、設計データ、財務データなどの保護だ。

 データの喪失や漏洩を防ぐために、定期的なデータバックアップやセキュリティ意識を高めるための従業員教育など、各企業は自社の実情に合わせた取り組みを進めていると推察されるが、人材や投資予算の制約から、サイバー攻撃を想定したセキュリティ対策はどうしても手薄に(もしくは後回しに)なりがちである。

 しかし、企業のシステムに侵入しデータを暗号化して身代金を要求するランサムウエアや、窃取したデータの漏洩をちらつかせる二重脅迫の被害は日本でも広がっている。

 「サイバー攻撃の手口は巧妙化が進んでおり、ファイアウォールにアンチウイルスソフトを組み合わせたような従来の対策では防御できないケースも増えています。中堅企業や中小企業のお客様からは、『当社は有名ではないので狙われることはない』といった声も聞かれますが、対策が十分でない企業への侵入を足掛かりに取引関係のある企業を攻撃する『サプライチェーン攻撃』も増加しており、企業の規模によらず十分なセキュリティ対策が求められているのが現実です」とサイバーリーズン・ジャパンの菊川悠一氏は説明する。

サイバーリーズン・ジャパン<br>プロダクトマーケティングマネージャー<br>菊川悠一氏
サイバーリーズン・ジャパン
プロダクトマーケティングマネージャー
菊川悠一氏

 こうした背景を踏まえて、未知の手口を含めたサイバー攻撃を検知し、対処する最先端のセキュリティソリューションと、ネットワーク監視やインシデント対応を支援するマネージドサービスを組み合わせたセキュリティパッケージ「Cybereason Core Suite(サイバーリーズン・コア・スイート)」が登場した。対象は従業員が1000人未満の中堅企業。投資負担を抑えるために、リーズナブルな価格が設定されているのが特長である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。