多くの企業がテレワークの安全性と生産性を両立する方法を模索

 2020年に始まった新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、テレワークが促進されてきた。しかし、コロナ禍がなくとも、テレワークは普及してきただろう。単に時代が先に進んだだけというとらえ方もできる。

 これからの働き方は、どう変わっていくのだろうか。テレワークにより、様々なムダな仕事がなくなった。ムダに集まる会議、ムダな出社や出張など、これらは本来「なくてもよかったもの」である。にもかかわらず、なかなかなくすことができなかったものではないだろうか。

 これらに費やす時間が短縮されたことで、一人ひとりがより深く考える時間ができた。これから活躍する人は、この時間を生かし、人よりも深く考えることで「新しい何か」を創出していく人ではないだろうか。そして、この「新しい何か」の創出が、新たな仕事を生み出す正のスパイラルを生み出していくだろう。

 このスパイラルを加速するために重要なのが、業務の現場からセキュリティリスクを排除することだ。社員の自宅やカフェなど、セキュリティ対策が不十分な環境での業務が一般化したことが、サイバー攻撃のリスクを増大させている。また、社内の目が行き届かないことによる内部不正のリスクにも、十分に気を配る必要性が生じている。

 制限をかけ過ぎると、業務効率/生産性の向上といったテレワークの利点が損なわれてしまう。安全性と生産性を両立する環境を、いかにして整えるか――。これが、ニューノーマル時代の企業の検討事項といえる。

 そんな中、今注目を集めているのがDaaS(Desktop as a Service)である。最新のサービスとその活用メリットについて、次ページ以降で詳しく見ていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。