テレワークの定着で端末へのニーズが大きく変化

 コロナ禍でテレワークシフトが進み、業務に使う端末へのニーズも大きく変わりつつある。当初は、モバイルPCがその中心だったが、直近の1年ではその動向が変化。処理能力の高いワークステーションへのニーズが拡大しているのだ。IDCの直近の調査でもワークステーションの出荷台数予測は、2022年度第1~3四半期の出荷台数予測が前年同期と比べ増加している(※1)。

※1 出典:IDC Workstation Tracker_ForecastPivot_2021Q4_Dell

 なぜこのような現象が起きているのか。それには大きく2つの要因が考えられる。

 1つは在宅勤務が定着した結果、急遽調達されたモバイルPCに対する不満が顕在化してきたことだ。オフィスから持ち運ぶことを考えてモバイルPCを選択したものの、ほとんど在宅で仕事を行うのであれば、実際には持ち歩く必要はない。そのため、より自由度が高く、処理性能の高い端末へのニーズが高くなったのだ。エンジニアやクリエイターといった専門職であれば、グラフィックスへの要求も高くなるが、モバイルPCではその対応にも限界がある。その結果、オフィスで使っていたワークステーションと同等のものを、在宅でも使いたいという要望が増えてきたのだろう。

 もう1つの要因としては、専門職以外の職種でも、より高性能な端末が必要になったことが挙げられる。例えば営業職では直接顧客訪問できる機会が減り、リモートで商談するケースが増えた。そのためWeb会議を安定的に行える環境が求められている。また動画コンテンツを自分たちで制作し、それを営業活動に生かそうという動きも加速している。

 つまり「テレワーク=モバイルPC」という固定観念が、テレワークシフトが始まって1年が経過したころから、急速に崩れはじめているわけだ。そしてパフォーマンスへの要求が高まった結果、ワークステーションへの注目度が高くなったのである。

 この傾向はこれからも続くだろう。そこで本稿では、ワークステーションの活用例や飛躍的な進化を遂げるワークステーション最新動向について紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。