テレワークの増大で仮想デスクトップシステムの導入が加速

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業がテレワークへと切り替えた。そうした企業の多くが採用したのがリモートデスクトップだ。リモートデスクトップは、オフィスにある既存の端末を活用して、容易に遠隔での作業環境が構築できる。自宅からは個人所有のBYOD端末でもオフィス内のPCに接続でき、データはそのまま既存端末に保存されるため、情報漏えいのリスクを低減できる。

 しかし、課題もある。いざというときのトラブル対処をリモートで行うことが難しい。このため、もし社内PCに何らかトラブルが発生した場合は、誰かに頼んで再起動などの対処を行ってもらう必要が生じる。また、会社と自宅用の2台の端末を用意しなければならず、管理負担が増えるといった問題もある。

 こうした課題を解決し、新しい働き方に向けた有効なアプローチの1つとなるのが仮想デスクトップ(以下、VDI)である。

 VDIは社内に仮想的なデスクトップ環境を用意して、インターネット経由で手元の端末に画面転送する仕組み。これならクライアントの種類やスペックにかかわらず、一貫して同じデスクトップ環境が利用できる上、業務アプリの制限やネットワーク帯域も最小限に抑えられる。クライアント側にはデータを持たないため、重要な情報資産を保護できる点でも優れている。OSアップデートなども管理者側で一元的に行えるのが特長だ。

 ただし、中堅・中小企業では新たな課題に直面するケースもある。「拡張性」「運用管理」「コスト」などはその一例だ。リソースが限られる企業は、こうした課題を避けつつ、VDIを導入・活用するにはどうすべきか。

 そこで参考にしたいのがプロフェッショナル・ネットワークス(以下、プロネッツ)のVDI導入事例だ。同社は通信ネットワーク分野を中心に事業を展開する先進ICT企業。「現場力」を重要視する同社が、コストや運用負担を大きく増大することなく、どのようにリモートデスクトップからVDIへ移行したのか。次ページ以降で紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。