新型コロナウイルスの影響で企業の働き方は大きく変わった。感染防止対策としてテレワークが奨励され、必要な機材を揃えたり、ウェブ会議システムを導入したりと多くの企業がリモートワークに向けた環境整備に取り組んだ。働く場所がオフィスを前提としなくなり、大きな課題となっているのが各社員のPC環境だ。各個人の住居から社内のイントラネットにアクセスするため、セキュリティや通信負荷などの問題に企業が頭を悩ませ、多くの課題が発生した。今も続くリモート環境下で発生した失敗事例からニューノーマル時代にふさわしいPC環境の在り方を探る。

テレワークへの転換の際に失敗する3つのケース

 新型コロナウイルスの感染拡大時に多くの企業が従来のオフィス通勤を控え、テレワークへと切り替えた。その際に大きな壁となったのは、自宅で作業をする場合に各社員の仕事用のPC環境をどう構築すべきかということだった。従来はオフィスに通勤して社内ネットワークに接続された端末で仕事をすることが当たり前だったため、回線やセキュリティは会社側で完全にコントロールできていた。しかし、各社員の自宅でそれらを担保して効率的に仕事をするには、多くの技術的課題を乗り越える必要がある。

 失敗するケースの1つめは、既存のVPN回線で社内イントラネットと自宅PCの回線を結んで作業環境を確保しようとする方法だ。従来からの設備を用いるため、設備投資を節約できる点は大きなメリットとなる。しかし、多くの企業のVPN回線は出張者や地方支店との連絡といった限られた場合にだけ活用を想定している。テレワークで膨大なアクセスが集中すると帯域が不足してしまい、うまく接続ができずに仕事に支障をきたしてしまうケースも多い。設備投資をして増強することは可能だが、それでもセキュリティ面への懸念はつきまとう。社員の自宅回線がなんらかの形で攻撃されてしまうと、その後VPN接続された社内のイントラネットまで影響が波及してしまう。ある企業ではリモートワーク中の1人の社員の不注意で業務が一日止まってしまったケースもあった。

 2つめは、複数の企業向けクラウドサービスを導入して乗り切ろうとするケースだ。ファイル共有や事務手続きなどをオンライン上で完結させることで、社内回線を通さずに、直接自宅回線から作業ができる。さまざまな事務手続きが簡素化されることで大幅な生産性向上が期待できる効果も大きい。ところが、社員の中には導入したサービスを使いこなせないものもある。社員個人の判断で自身の使いやすいSaaSを勝手に導入してしまってコントロールしきれなくなる事例も見受けられ、セキュリティ面で危険なクラウドサービスを導入する可能性もある。

 3つめは、仮想デスクトップ(VDI)による作業環境を構築する手法だ。会社内にあるオンプレミスのパソコンやサーバーをコントロールできるため、セキュリティ面をクリアでき、通常のオフィスにあるパソコンと同じように作業できる。ただ、サーバーなどの設置に大幅な固定費がかかるため、先行きが見通せない状況下で設備投資に見合う導入メリットがあるかどうかは不透明だ。

 では、どの企業も安心して扱えるソリューションとはどのようなものだろうか。

図●テレワークに向けた対策とその課題
図●テレワークに向けた対策とその課題
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。