分断された業務を自動化しても効果は限定的

 複雑かつ分断した業務を統合し自動化することで、新たなビジネスモデルが生まれる。人的作業によるボトルネックを解消すれば、スピードと生産性が上がり、複数の異なるプロセスを1つのタスクに集約できれば、煩わしさやミスもなくなる。

 例えば、顧客がショッピングモールで買い物をしたとしよう。企業はその購買行動をトリガーとして顧客の趣味嗜好をチェックし、モール内で利用可能なクーポンをタイムリーに配信する。パーソナライズ化されたプレミアムなサービスは顧客体験には不可欠だ。

 このような活動を支える店舗業務も、自動化によって進化している。店舗における在庫切れリスクを検知したら、倉庫の商品在庫を自動でチェックを行い、商品在庫がなければ製造工程における部品在庫をチェックする。それもなければ必要な部品をサプライヤーに自動発注する。これにより、サプライチェーン全体の在庫を最適化し、機会損失を防ぐことができるのだ。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する上でも、業務の自動化は欠かせない。その手法はRPAやAIの活用、APIによるアプリケーション統合などが一般的だが、これらの活用だけでは高度な業務自動化は難しい。なぜなら、組織内の業務やデータの管理は、各事業やシステムによってサイロ化しているからだ。クラウドサービスの普及により、企業インフラはハイブリッド化が進み、これもシステムの複雑化・サイロ化に拍車をかけている。

 システムやデータがサイロ化したままRPAやAPIを活用しても“できること”には限りがある。しかし、新たなテクノロジーを活用すれば、サイロ化という壁を乗り越え、“できること”が大きく広がるだけでなく、全社レベルにとどまらずに企業を横断してグループ会社を巻き込んだ業務の自動化も可能になる。次ページ以降でその実現手法と先進事例を詳しく紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。