基幹系システムのクラウド化を妨げる高頻度なバージョンアップ

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速するには、IT部門は従来型の運用保守中心の業務を脱却し、業務変革の実行部隊へと変貌しなければならない。それには、これまで運用保守してきたシステム群をクラウドへ移行し、運用保守作業を軽減させ、変革への実行にパワーシフトする必要がある。このような考えのもと、基幹系システムのパブリッククラウド移行を検討する企業が増えている。

 クラウドがもてはやされるよりも前から、業務効率化を目的に、オープン化と仮想化集約によって基幹系システムをオンプレミスのVMware環境に移行した企業は数多い。さらに昨今のIT部門は、クラウド化による一層の効率化を経営層から求められている。このような状況で、現行環境への変更を最小化しつつ、クラウドのメリットも享受できるVMwareベースのクラウドサービスは、非常に魅力的に映るだろう。

 ただ、移行を検討する際には注意すべき点がある。「VMwareベースのクラウドなのだから、オンプレミス同等の使用感で利用できるだろう」と安易に考えると、大きな落とし穴にはまってしまうからだ。

 基盤がVMwareベースでも、ゲストOSの運用は通常のパブリッククラウド同様、「常に最新に保たないとクラウドベンダーのサポートが得られない」という特性を持っている。「稼働を止めない」ことが最優先される基幹系システムでは、これが致命的なギャップとして顕在化してしまう。

 このような落とし穴にはまらないサービスが登場し、注目を集めている。概要やメリットについて、次ページで解説しよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。