ビジネス全体のDXには現場業務のデジタル化が不可欠

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の期待があらゆる分野で高まっている。製造や建設業、エネルギーをはじめとする社会インフラ、運輸、通信、医療、小売など、マンパワーが主力の業種も例外ではない。

 センサーやウエアラブルデバイスといったIoTの活用で業務の省力化・自動化が加速し、社会課題である人手不足を補う切り札になる。工場や医療の現場ではOT(Operational Technology)との融合によるデータの利活用が進み、イノベーションの期待も高まる。インダストリー4.0に象徴されるように、今後はこれらの分野がDXの主戦場になるという見方もある。

 実際、既に生産設備の予防保全で稼働率向上を実現している工場もある。ベテランが遠隔から現場の作業員に指示を出し、難易度の高い作業をこなす。デジタルツインでリアルの工場を運用・監視し、生産シミュレーションでリスクも減らす。移動が困難な高齢者を遠隔で診療したり、AIが医師の診断をサポートしたりする――そんな世界も現実のものになりつつある。

 一方、その実現には課題もある。OTやデジタル技術との融合を支えるIT機器をどうするかという問題だ。マンパワー主力の業種は屋外や過酷な環境下で作業することが多い。しかも、リアルタイム性や24時間365日の安定稼働が求められ、要求は非常にシビアだ。

 汎用のPCやサーバーではこの要求に応えることは難しい。特殊な環境下でも壊れにくく、安定したパフォーマンスを発揮するためには、産業用コンピュータの活用が不可欠である。

 しかし、特殊な環境とひと口にいっても、それは個々の現場で千差万別だ。求める要件にマッチした産業用コンピュータの開発にはパートナーの力が欠かせない。環境変化にもスピーディに対応できる柔軟性も求められる。そうしたパートナーに必要な条件を次ページ以降で考察する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。