ITインフラの差を埋めるオープンなコンテナ化

 デジタル変革(DX)の必要性については多くの企業が認識している。しかし、成功している企業はまだ少ない。新たなIT基盤として注目されるクラウドの導入も「現行システムの追加・変更に時間とコストがかかる」「クラウドに移行できない部分がある」「開発や運用がバラバラで全体の効率が悪くなるという」3つの課題が指摘されている。

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
CTO 兼 IBMオープン・クラウド・センター長
執行役員
二上哲也氏

 これらの課題を解決するために注目されているのが、ハイブリッド・クラウドの活用だ。オンプレミス(自社運用)に既存のアプリなどを残しながら併用するパブリック・クラウドは、それぞれのメリットを考えながら使い分けていくという形態である。では、その利点を生かすためのポイントは何だろうか。

 多くの事例を見てきた日本IBMのIBMオープン・クラウド・センター長の二上哲也氏は「優先度の高いところからモダナイゼーションすること、段階を追ってクラウド化すること、そしてオンプレとの共存を前提に開発・運用・管理を一元化することの3つが有効なソリューションになります」と語る。

 例えば、基幹システム全体をクラウドに移行しようとするとハードルは高い。そこで、顧客接点など急いでデジタル化を進めたいところだけを切り出して移行する。あるいは、当初から段階を分けておいて計画的にオンプレからクラウドに移行していく。

[画像のクリックで拡大表示]

 そこでは複数の環境が存在することになる。開発、運用、管理の環境がバラバラだと効率が悪い。二上氏は「しかし、オープンでハイブリッドな基盤であれば、同じように開発、運用が行えます」と話す。それを実現する手法がコンテナ化である。

 コンテナ化することで、プラットフォームが柔軟に選択できるようになり、Kubernetesで一元管理すればオンプレとクラウドの差はなくなる。そのためにIBMが推奨しているのが、Red Hat OpenShiftである。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。