DXの波に乗る! データ分析環境の実践モダナイゼーション
~「データファースト」を実現する最新IT基盤とオフィス作り~

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の波に乗るには、高度なデータ分析環境が不可欠です。AI(人工知能)を活用した分析が容易なことはもちろん、大量かつ多種多様なデータを手軽に扱え、運用管理やコストの負担が小さいことも条件でしょう。いわば「データファースト」を実現する基盤ですが、企業や自治体には旧来のストレージやミドルウエア、ネットワーク環境が多く、DX時代の要求になかなか応えられないのが実情かもしれません。
 そこで実践したいのが、既存のデータ分析環境のモダナイゼーション(近代化)です。AIやハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)はその代表で、データ活用をより推進するならセキュリティや認証機能を高めた無線LAN環境も構築したいところです。まさにデータファーストを実現するIT基盤やオフィス作りが今求められています。
 本セミナーではそんなデータ分析環境にフォーカスを当てて、データファーストの特徴やメリット、実現方法などを徹底解説。データ活用のポイントやIT基盤の条件について専門家らが紹介するほか、最新IT基盤を活用した徳島県・美波町のオフィス作りの現場にも潜入。当日は自然豊かな同町から生配信する予定ですので、データファーストの姿をぜひ体験いただければ幸いです。ぜひご参加ください。

開催概要

日時2022年4月27日(水) 13:00 - 15:00
会場オンラインセミナー(Zoom)
主催日本ヒューレット・パッカード
協力日経クロステック Active
受講料無料
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
主催企業の競合他社からのお申込みについてはお断りする場合がございます。ご了承ください。

プログラム


13:00 - 13:40

美波町が挑んだ「データファースト」、デジタル変革のここがすごい!

美波町役場
総務課
大地 辰弥 氏


美波町ではサテライトオフィス事業に取り組んできた経緯があります。 少子高齢化が進む中、空き施設の有効活用、街中の賑わいづくり、生産人口を増やすなどの目的で始まったサテライトオフィス事業は第2フェーズへと進み、集積企業による地域課題解決に向けた取り組みが始まりました。 美波町の考える多様な幸福を包摂するデジタル社会とその構造を支えるデジタルインフラについて紹介します。


13:40 - 13:50

休憩


13:50 - 14:10

意外に知らないデータとAIの関係、価値ある情報はこう作る

AIプランナー
大西 可奈子 氏



14:10 - 14:50

【パネルディスカッション】
徹底討論! 真のデータファーストとは何か、それを支えるIT環境とは?

日本ヒューレット・パッカード コアプラットフォーム事業統括 ストレージ製品本部 製品部 原 聖 氏

日本ヒューレット・パッカード Aruba技術統括本部 本部長 兼 スマートシティAiCTセンター長 佐藤 重雄 氏

モデレーター:AIプランナー 大西 可奈子 氏



14:50 - 15:00

Q&A

日本ヒューレット・パッカード
プリセールスエンジニア統括本部 ストレージ技術部 ストレージプリセールス
荒木 健一 氏




MC:フリーアナウンサー 蔭山 洋子 氏



※プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。