資料の紹介

 システムの電力密度を上げることは、どのような応用においても求められる。電力密度を上げられれば機器が小型・軽量化できるからである。小型になれば可搬性が増し、輸送機器であれば燃料の節約につながる。

 「電力密度の考察」と題するこのホワイトペーパーは、電力密度を高めるための方法や回路構成、半導体の選択などを解説したものである。システムや電源の電力密度を高めることには上記のような利点があるが、実際にはそれ以外に、信頼性の向上や低コスト化も求められる。最近登場してきたGaNパワーデバイスには、そうした要求に応えることができる可能性がある。GaNはスイッチング速度が速く、低電圧だけでなく高電圧(200~650V)でも利用できる。低い寄生容量を生かしてこれまでにない回路が実現できるので、いろいろな用途で電力密度の向上が達成できる。

 このホワイトペーパーはGaNの弱点である少ないアバランシェ耐量を補う回路を紹介し、GaNデバイスを生かすための回路、トーテムポール接続や、同期整流、同期バックコンバータなどの回路トポロジーを解説している。電源エンジニア、パワートランジスタユーザーには、ぜひ一読していただきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。