資料の紹介

 本資料は、屋外の監視カメラや無線LANのアクセスポイントなどと、屋内のディスプレイや制御機器を接続して物理セキュリティネットワークを構築するときに必要なソリューションについて解説している。

 Microchip Technologyは、物理セキュリティネットワーク用のPoE(Power on Ethernet)インフラストラクチャソリューションを多数用意している。イーサネットの物理的な配線に電源ラインも載せるPoEは、配線本数をできるだけ減らしたいネットワーク監視カメラシステムをはじめ、入退出管理システムやオーディオシステムなどで有効である。この資料では、PoE向けの各種デバイスの特徴と利用方法を平易に解説している。

 監視カメラを使った物理セキュリティネットワークでは、正確なタイムスタンプ付きのビデオキャプチャが取得できることが求められる。そのために必要なGPS/GLONASSアンテナやNTPネットワークタイムサーバーを統合したポイントソリューション「SyncServer S80」についても解説されており、監視システムを設計するエンジニアがすぐに役立つ資料となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。