資料の紹介

 ビジネスを変革して顧客や市場の要請に応えるには、システムに新しい機能を構築し、短期間で使えるようにすることが不可欠だ。その具体策として注目を集めているのが、アプリケーションのモダナイゼーションである。「クラウドネイティブ」と「コンテナ化」による開発生産性の向上、DevOpsによる運用の自動化など、デジタル変革を進める企業に多くのメリットをもたらすからだ。

 しかし、既存のIT資産全体を再構築するのは現実的な方法とは言えない。モダナイゼーションには多くの切り口がある。アプリケーションの開発計画やリスク要件などによって、自社に最適なアプローチを選択し、計画的に進める必要がある。

 本資料では、アプリケーションのモダナイゼーションに関するさまざまなアプローチについて概説したうえで、モダナイゼーションを始めるにあたり参考になるヒントを提示する。コンテナ化されたミドルウエアとアプリケーションは、最新の開発・運用スタイルに移行するための鍵であり、API公開により価値を創出し、エコシステムを拡張できるようになるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。