資料の紹介

 多くの企業が働き方改革の一環として残業時間短縮を実施しているのに対し、ITを活用した生産性向上の取り組みはさほど多くないと言われている。ITによる働き方改革に取り組んでいる場合でも、メールやスケジュールアプリの活用がほとんどで、生産性向上につながるWeb会議やオンラインストレージによる情報共有はあまり利用されていないのが現状だ。

 こうしたことは、生産性向上のために必要なIT機器が支給されていないことが一因となっている。その代表例は、持ち出し可能なPCだ。持ち出し可能なPCが支給されていないと、社員が自宅で仕事をする場合、自宅のPCを使うことが多くなり、情報漏えいリスクが増加するだけでなく、労務管理もできなくなってしまう。

 本資料では、成果を出せるセキュアなICT環境を実現する「データレスPC」の「レンタル」+「ライフサイクル管理」サービスを紹介する。「いつでも」「どこでも」働ける環境を作ることで社員の生産性が向上するだけでなく、PCの運用基盤構築や運用管理をアウトソースすることでIT部門が本業に集中できるようになる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。