資料の紹介

 企業のIT部門にクラウドの波が押し寄せている。既に多くの企業がSaaS(Software as a Service)を使っており、IaaS(Infrastructure as a Service)を使っている企業も含めると、クラウドをまったく使っていない企業はもはや少数派である。オンプレミス環境で稼働するシステムについても、適材適所でクラウドを活用するハイブリッド化をすでに推進している企業も少なくない。

 しかし、オンプレミス環境の既存システムの大半は“クラウド未対応”の仮想化インフラであるとされている。ハイブリッド化を進めるには、既存の仮想化インフラを“クラウド対応”に昇華させていく必要がある。加えて、ハイブリッドクラウド環境を構築するには、相応のスキルやノウハウも必要となる。

 本動画では、企業のクラウド導入の現状を踏まえたうえで、ハイブリッドクラウドに最適なオンプレミス環境をいかにして実現するかについて説明する。ポイントは、“標準化の極み”であるクラウドを活用するには、オンプレミス環境もその標準化に合わせていく必要があるということだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。