資料の紹介

 戦略を立て、組織を率いて、成果を上げる。それは、企業の経営者も昔の武将も変わりはなく、ピンチやチャンスの本質も同じではないだろうか。戦いは常に、勝者と敗者を生むが、そのどちらに転ぶのかを決めるのは決して偶然ではない。情報収集や分析など、事前に準備をしっかりと行うことが勝利を呼び寄せる。

 情報の量やスピードが戦国時代とは比較にならない現代社会では、ITをいかに有効活用できるかが勝敗の分かれ目になる。クラウドサービスによる情報の機動的な共有・伝達をはじめ、顧客の好みや購買パターンのデータ収集、ITを用いた内勤型営業「インサイドセールス」、リードナーチャリング(見込み客育成)などの使いこなしがカギとなる。

 本資料では、「戦国時代を戦い抜いた名将たちが、もしIT技術を活用していたら?!」という視点から、歴史上有名な7つの合戦を検証する。これらの合戦で名将が必要としたテクノロジーは何だったのだろうか。そこから見えてくる考え方は、現代社会で経営者が手をこまねいている課題の解決に通じるかもしれない。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。