資料の紹介

 慢性化する人材難と予測のつかない景気変動の中、中小企業はどのような成長戦略を描けばよいのだろうか。中小企業を取り巻く課題は複雑に絡み合っていて、「人材確保に効く妙薬」は存在しない。様々な施策の実施を通じて「良い会社」にしていくこと、すなわち、地道に企業の魅力を高めていくことが不可欠となる。

 しかし、これはいっときの改革で成し遂げられるものではなく、連綿と変化し続けることを意味し、変化は時として好ましくない副作用をもたらし得る。この副作用を抑えて従業員に変化を受け入れてもらうには、「ビジョンの提示と共有」「IT技術の活用」「有機的な組織づくり」の3つの方向から施策を検討することが有効だ。

 本資料では、魅力ある企業への変革を成し遂げ、採用活動も順調な4社の事例を紹介する。それぞれ業界も規模も地域も異なるが、いずれも従業員エンゲージメントを大切にしているという点で共通している。改革を推し進めるトップの強い意志に加えて、ITを上手く活用することが、人材難の今、選ばれる企業となるための近道となる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。