資料の紹介

 働き方改革の一環として、時間と場所に縛られずに会議を開くことができるビデオ会議システムに注目する企業が増えてきている。参加者の移動の手間と費用を削減できるというメリットに加え、クラウド型のビデオ会議サービスのプロバイダーが増加したことも、こうしたトレンドを後押ししている。

 しかし、ビデオ会議では、スケジュール調整など参加予定者との事前のやり取りに、思いのほか時間と労力がかかってしまうことがある。さらに、高品質な画像や音声を実現しようとすると、相応の費用がかかるうえ、専門の技術者による施工を伴うインストール作業が必要になってくる。

 本資料では、こうした課題を解決できるというビデオ会議システムの特徴を紹介する。専用ソフトをインストールする必要はなく、参加者のスケジュールをカレンダー上で把握することで、参加の打診と会議室の確保を数分で完了できる。すべてのトラフィックは暗号化され、通話品質を高めるため最新のコーデックに対応している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。