資料の紹介

 労働者人口の減少に伴う人手不足や働き方の変化など、製造業が抱える課題を解決するためにIoT(モノのインターネット)導入の取り組みが盛んになっている。一方で、機器との接続に苦戦したり、データの扱いや活用に手間がかかりすぎたり、業務システムとの連携に不具合があったりして、なかなかPoC(概念実証)から先へ進めないという声を耳にする。これでは、うまくいかないことへの対応ばかりに時間が割かれて、本来の目的であるビジネス課題に取り組めない。

 製造現場のIoT化では、あらかじめ必要な機能を備え、多くの機器との接続性を担保しているIoTプラットフォームを選択するのがスムーズだ。既存の機器やシステムだけにとどまらず、AR(拡張現実)やウエアラブルデバイスを利用した業務改善にもIoTを活用できれば、取得・蓄積したデータをさらに有効活用することができる。

 本資料では、IoT化の成功を阻む「5つの壁」について解説する。国内の大手自動車部品メーカーや海外の航空機メーカーの導入事例とともに、5つの壁を乗り越えるための条件およびIoTプラットフォームについて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。