資料の紹介

 製造業でもIoT(モノのインターネット)の普及率は上がり続けており、現場で活用する企業は珍しくなくなってきた。他社の事例を見ながら「そろそろ我が社も」と、具体的に導入を検討し始めた企業も多いだろう。

 IoT化で先行する製造業の企業には、「設備保全に人手がかかる」「チョコ停(短時間の停止が繰り返し起こること)が頻発する」「検査品質にバラつきがある」といった問題を抱え、その解決のためにIoT導入を検討したところが多い。そうした企業にも「導入したものの、データ収集や解析の精度が不十分」という課題が残っていることがある。こうした課題の解決には、現場の問題とIoT化の課題を正確に把握し、最適な技術や仕組みを選択する必要がある。

 本資料では、IoT化を進める上での具体的な課題と現場で起こっている問題をチャートで診断し、それぞれに適したIoT化の進め方を8つの事例で紹介する。IoT化に欠かせない4つの要素を組み合わせたソリューションの活用により、目的に応じたIoT化を実現できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。