資料の紹介

 製造業の生産性向上は、生産ラインの故障や定期メンテナンスで生じる非稼働時間を減らすことによって実現できる。数多く発生する小さな問題の中から、大きな問題に発展するものを事前に見つけ出せれば、致命的なトラブルを未然に防ぎ、生産設備の非稼働時間を減らすことが可能だ。

 ところが、従来の製造現場では、生産ラインの設備や機器に故障が発生しトラブルになってから事後対応で修理したり、保守管理を定期メンテナンスに依存したりしていた。それではコスト効率が悪い上に、設備や機器に不具合が生じる原因となる将来の問題を見つけることができない。

 本資料では、こうした問題を解決する、IoT(モノのインターネット)を利用した機械やプロセスの監視ソリューションについて解説する。IoTを利用すれば、リアルタイムに稼働中の設備や機器の状態を即座に把握できるため、不具合を未然に防ぐことができる。さらに、製造工程の分析、仮説の検証などがリアルタイムで可能になり、トラブルシューティング、修正、改良をリアルタイムで実施することにより、製造サイクルの最後になって明らかになる無駄や品質低下をあらかじめ防ぐことができるのである。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。