資料の紹介

 デジタル化によって、生産性や持続可能性を飛躍的に向上させるインダストリー4.0。その根幹となる構想の1つに「スマートファクトリー」がある。工場内の設備やシステムをインターネットに接続して管理する。製造プロセスが可視化され、個々の作業の効率が改善し、全体最適化も実現できる。さらに、新規事業に結びつく可能性もある。

 しかし、実際の工場には、数十年前から稼働し続けている古い設備やインフラが数多く存在する。このため、何から、どこに、どうやってインターネットに接続すればよいのか、悩むことになる。また、導入効果も予測しにくい。

 本資料では、こうした現場の悩み解決のヒントになるような、様々な分野での導入事例について解説する。例えば自動車工場の事例では、運用データを解析する過程で、部品の寿命を予測可能にした例を紹介している。部品交換の時期を最適化し、ダウンタイム短縮と経費削減に成功したという。装置メーカーの事例では、生産現場の装置を遠隔管理することで、最適な時期に保守サービスを提供する新事業を立ち上げた事例を紹介している。他にも飲料メーカーや空港運営会社での導入事例を解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。