資料の紹介

 工場のIoT(Industrial Internet of Things)化を進めることは、生産性向上に加え、工場設備のダウンタイムやメンテナンスコスト、材料コストの削減に有効である。これらを実現するのが予知保全と、それをさらに進化させた処方的保全の考え方だ。

 設備をネットワークに接続し、稼働状況を常に監視することで、温度や音、振動などが基準から逸脱したことをいち早く把握できるようになる。こうして見つかった故障発生の予兆を基に、原因を分析しながら適切なメンテナンスを実施していくことで予知保全が可能になる。また、その経験値を蓄積し、その知見を基に最適化を進めることで、処方的保全が実現できるようになる。これは、メンテナンス時期や対処方法について、より高精度な判断を可能にするものだ。

 本資料では、設備をネットワークに接続し、予知保全や処方的保全を実現するための手順や手法について解説する。瓶詰工場、港湾作業用クレーン、バルブ製造工場など様々な現場での導入例を基に、何を監視し、どのような分析を行うことで予知保全や処方的保全を実現したか、また、具体的にどのような効果が得られたかについて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。