資料の紹介

 製造業でも、デジタルトランスフォーメーション(DX)が喫緊の課題となっている。製造業のDXを実現する本命となるテクノロジーがAI(人工知能)だ。不良品検知や予知保全、需要予測など、活躍が期待される領域は広い。

 ところが、多くの企業はAIに学習させるためのデータを準備する段階でつまずく。特に画像や音声、文書、ログといった「非構造化データ」の準備に苦労する。理由はいくつかある。まず、データが社内に散在し、どこにどんなデータがあるのかがよく分からない。なんとか収集できても、多様なデータを分析できる状態にするため、タグ付けをする手間がハードルになる。

 本資料では、AI活用の成否を決めるデータ準備の課題を解決する方法を紹介する。社内に散在した非構造化データを自動的に収集し、さらにタグ付けまで自動実行するやり方だ。AI活用に必要なデータ準備を一気に完了できる。AIを活用する手前のデータ準備で課題を感じているなら、ぜひ参考にしたい内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。