資料の紹介

 自動車業界のメガトレンド「CASE」において、電気/電子(E/E)アーキテクチャーの進化は欠かせない。1つのECUが1つの機能を担う従来型アーキテクチャーから、ECUの統合に始まるドメインアーキテクチャーへ、そして複数のドメインにまたがって統合制御を行うクロスドメイン型、さらに統合の進んだゾーン型へと数年ごとに進化していくと予想されている。

 E/Eアーキテクチャーの進歩に不可欠な技術が高速通信である。最大1MbpsのCAN(Controller Area Network)で制御されていた自動車の通信速度は、2025年前後には一部のリンクで10Gbpsに達し、 2030年には25Gbpsを超える通信が必要になると考えられている。このような高速通信に対応するコネクター部品を的確に選定するには、どのような特性や仕様に着目すべきか。

 本資料では、次世代モビリティーのE/Eアーキテクチャーと高速通信に関する市場トレンドを踏まえ、次世代の高速通信に対応した小型同軸コネクターやイーサネットコネクターなど具体的な製品事例について解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。