資料の紹介

 オフィスのITのセキュリティ対策といえば、社内ネットワークへの脅威の侵入を防ぐ境界型セキュリティが主流だ。ところが、テレワークへ移行しようとすると、これが思わぬ壁になる。回線が遅くなり、ウェブ会議や動画視聴の障害になるからだ。さらに、最近のサイバー攻撃は巧妙化しており、こうした脅威がネットワーク内部に侵入してしまうと、甚大な被害につながってしまう。

 そこで、脅威の侵入を前提とした「ゼロトラスト」セキュリティへの変更を考えてみよう。社内ネットワーク全体ではなく、ネットワークに接続する全端末(エンドポイント)を主軸にしたセキュリティ対策に変える。外部から脅威が侵入する前提でネットワークを構築し、脅威が侵入しても内部で広がることを抑えるセキュリティ対策だ。しかも、この方法では、境界型のように回線が遅くなることもない。

 本資料には、ゼロトラストセキュリティの基本と、実現に向けた課題および解決策をまとめている。クラウドサービスを利用する企業が増え、テレワークによって勤務場所も社内に限らなくなってきた今こそ、見直しには最適なタイミングかもしれない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。