資料の紹介

 さまざまな加速度を検出し、物体の動きや傾き、振動や衝撃の度合いなどを計測できる加速度センサー。この加速度センサーは、スマートフォンの画面の向きを変えると表示方向が変わる機能やカメラの撮影アシスト機能から橋などの建造物管理、宇宙船の操縦システムまで、様々な分野に活用されている。

 ところで、こうした加速度センサー搭載システムは、必ずしも理想的な環境で使われるとは限らない。温度などの制御が難しい過酷な環境下で多大なストレスにさらされる場合もある。そのような厳しい状況で、長期間にわたって継続的に高精度の測定をするためには、どのような対策をすればよいのだろうか。

 本資料では、加速度センサーを用いた角度/傾き検出システムにおいて、高い測定精度を実現する方法を紹介する。システムが、温度面や機械的な構造面などでストレスの多い環境にある場合に、どのような状態になるのかを、実際の実験結果を基に解説するほか、そのような環境下でも最大限の性能を引き出すために採用すべき設計上のノウハウも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。