資料の紹介

 「状態監視」が産業分野で大きな注目を集めている。設備やシステムの異常をいち早く検出することが、ダウンタイム(稼働停止時間)のリスクを最小限に抑える決め手になるからだ。

 モーターやジェネレーター、ギアなどの部品を使う機械系の設備の場合、状態監視の手法として、機械の振動パターンを観測し、不規則に現れる周波数成分を解析することで、摩耗、不均衡、緩みなどを検知する方法がある。その周波数測定によく用いられるのが、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)をベースとする加速度センサーだ。高い分解能やドリフト性能を備え、他のセンサーが苦手とする低周波数にも対応することから、より幅広い分野の状態監視が可能となる。

 本資料では、MEMS加速度センサーを使用した状態監視ソリューションの構築方法を解説する。回路例から実装時の注意点、効果的なセンサー配置まで、実装に必要な具体的な情報を得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。