資料の紹介

 働き方改革やデジタル変革を進める企業にとって、セキュリティ対策の強化は避けて通れない。クラウドやモバイルの利用を前提とし、いつでも、どこからでも、任意のデバイスからデータやアプリケーションにアクセスできる環境を作る場合、従来の境界型セキュリティ対策では十分な安全を確保できなくなるからだ。

 そこで、新たなアプローチとして注目を集めるのが、SASE(サシー:Secure Access Service Edge)である。しかし、SASEはカバー範囲が広いため、実際に導入するのは大変な作業になる。多種多様なソリューションの中から、SASEのコンセプトに沿って、自社のネットワーク環境やニーズに最適なものを選定する必要があるからだ。

 本資料では、SASEソリューションの導入を経験したユーザーのリアルな声を、座談会形式で紹介する。話題は、導入に至った経緯や選定理由から、将来に向けたSASEやゼロトラストの方向性など。クラウドのセキュリティに不安を抱える企業のほか、働き方改革、デジタル変革に関心のある企業の参考になりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。