資料の紹介

 製造現場の生産性を落とす要因の1つに、工作機械の工具の寿命問題がある。工具の寿命が短いと、頻繁に機械の稼働を止めなければならない。かといって稼働を止めないと、不良品が次々に発生してしまう。

 これを解決するには、工作機械で使われている個々の工具の摩耗状況などを可視化・分析して、工具全体の寿命を最大化するのが有効だ。無駄な工具交換が減り、工具費用削減と生産効率向上につながる。さらに、工具の異常をリアルタイムに検知し、工作機械との連携を図ることで、不良品の発生を未然に防止できる。

 本資料では、自動車業界などで切削加工を行う量産現場に導入しやすい、切削工具の状態管理システムと工作機械の稼働監視・分析システムについて解説する。工具にかかる負荷をリアルタイムに推定し、異常検知や寿命予測を行う。製造する製品や使用する工具ごとに人工知能(AI)が自動で学習するため、人手でしきい値を設定する場合に比べて運用の手間が抑えられる上に、高精度な異常検知が可能だという。また、外付けシステムのため、メーカーによらず、古い工作機械であっても導入できるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。