資料の紹介

 現在、日本の製造業は、競争が激化するビジネス環境下で競争力を得るために、多品種少量生産や開発期間の短縮化、あるいは品質向上を実現する環境をいかに構築していくかという課題に直面している。これらの課題は、多様化する顧客のニーズに応えていくための取り組みに他ならないが、とくに産業機器メーカーに至っては、その実現は一層困難だ。それはテクノロジーの進化に伴い、高性能かつ複雑化なプロダクトが求められるようになったからである。

 このような状況下で先に挙げたような課題を解決するには、デジタル化による業務プロセス改革が必要不可欠だ。

 そこで今回は、設計、試作、製造、試運転といった一連のプロセスをデジタル化して、生産性や品質を劇的に向上させる最新テクノロジーを紹介。設計シミュレーションや仮想化による試運転、品質管理の自動化などを実現するツールが製造現場をどのように変えるのかが説明された内容で、いずれも一見の価値ありだ。

 産業機械業界では、まだまだ紙の書類を介した旧態依然の業務プロセスに縛られている工場が少なくない。だからこそ、デジタル化の取り組みをできるだけ早く進めて、競争優位性を確固としたものにしていただきたい。