資料の紹介

 民生用から産業用まで、多くの組み込み機器がインターネットにつながり、これまでにない価値を提供できるようになったいま、機器メーカーは新たな脅威に直面している。機器に組み込んだソフトウエアに含まれる独自技術がリバースエンジニアリングにより解読され、他社に流出してしまうことがあるのだ。

 もちろん、組み込みソフトだけではない。業務ソフトウエアからスマートフォン向けアプリまで、あらゆるソフトウエアにもクラッキングへの備えが欠かせない。

 リバースエンジニアリングへの対策として難読化技術があるが、それだけでは不十分な場合がある。多重に暗号化することでより強固に防御できるツールを活用する方法もある。

 本特集では、ソフトウエアのクラッキングやリバースエンジニアリングによる技術流出を防ぐためのツールについて紹介している。今一度、自社開発ソフトウエアのセキュリティ対策について見直す機会としていただきたい。