資料の紹介

 コロナ禍であらゆる業種に新常態が取り入れられるなか、開発や生産現場固有の環境により導入が難しいと思われていた製造業にも一歩進んだ対応が求められている。

 例えば、他の業種で定着が進むリモートワークも、開発や設計といったエンジニアリングの現場では、仮想デスクトップ環境(VDI)を導入したとしても、アプリの動作や負荷の影響といった懸念材料を解消しておきたい。

 また、IoTの普及で生産現場に実装が進むエッジコンピューティングでも、従来、ITシステム側で分析していた処理をエッジ側で可能とするなど、エッジからデータセンター/クラウドまで接続できる基盤があればデータをフル活用できる。

 本特集では、製造業向け最新ITソリューションを紹介。CADなどのエンジニアリング系アプリケーションを仮想デスクトップ環境で実行する「eVDI」について上述の懸念材料を解決する効果的な導入方法や、工場などの過酷な環境でも耐えられるエッジシステム向けハードウエアを紹介している。新たな常態に向けたソリューションを導入するために、これらの資料を役立てていただきたい。