資料の紹介

 近年、製造現場でのデータ活用が勢いを増している。IoTによるセンシングデータを用いた監視や、そのデータをAIで解析することで異常の予兆や製品の不具合を自動検知するといったシステムが次々と登場。製造品質の向上、ダウンタイムの縮小など、工場の高度化に貢献している。

 しかしこれらを実現するためには、ITとOT(Operational Technology)両方に精通する人材が不可欠だ。データの収集や準備、機械学習モデル作成、それをいかに見える化するかなど、高度な知識や方法論が求められる。当然費用面も悩みの種だ。投資対効果には、慎重な検討が求められる。

 本特集は「工場のAI活用・IoT活用」と題し、これらの実現を容易にするためのソリューションを紹介している。高度な技術力や高価な投資が無くとも工場のリアルタイムモニタリングを可能にするシステムや、AIによる一歩進んだ「予兆保全」、ITとOTの融合を容易に実現する「IoTコントローラー」など、具体的な使い方や利用例にも言及。工場のインテリジェント化を手軽に始められるソリューションを、ぜひ参考にしていただいきたい。