資料の紹介

 少子高齢化・人口減少が止まらない日本。製造工場では人手不足の課題を、ロボットで解決しようとしている。しかし今後、製造の現場で必要とされるロボットは、従来型の産業用ロボットとは活用方法や管理方法が大きく異なると考えた方がよい。一体どういうことか。

 来型の産業用ロボットは、人間の何十倍ものパワーを発揮して工程の一部を自動化し、大量生産が求められる日本の製造現場を支えてきた。しかし今後は、消費者ニーズや市場の変化に応じた多品種少量生産など、フレキシブルな工程の変更にも対応できるロボットが必要になる。これを「協働ロボット」と呼ぶ。

 協働ロボットは、安全柵などで囲われることなく人間と一緒に作業する。そのため、安全性を担保する「リスクアセスメント」が不可欠だ。本特集では、協働ロボットの検討や導入について説明。さらには協働ロボットならではの「新しい作業現場の作り方」「協調安全の考え方」「安全性と生産性の両立」についても紹介する。現場にロボットの導入を考えている担当者にとって参考になるはずだ。