プロダクトデザイン、創薬、金融モデリングをはじめ、幅広い領域でHPCシステムの積極活用が進んでいる。エンジニアリング分野では、完成品モデルを使った大規模なシミュレーションはもとより、プロダクトの製造・稼働工程を仮想的に再現するデジタルツインへの取り組みも始まっている。計算リソースへの要求はとどまるところを知らないが、現実には計算リソース不足に悩む企業は多い。

「この解析が終わらないと次の工程に進めない」
「設計チーム内で計算リソースの取り合いが起こっている」
「予算内で必要なCPUコア数を調達できそうもない」

 そうした企業に朗報がある。HPCシステムにおいて、現在主流を占めているハイエンド製品の「2倍の性能、20%のコスト削減」を実現するテクノロジーの登場だ。ANSYS FLUENT 19.1による流体解析を最大95%高速化、というのは一例に過ぎない。あらゆるHPCアプリケーションにおいて、これまでの常識を覆す高速化が可能になる。

[画像のクリックで拡大表示]

 一晩を要していた解析処理が日中の数時間に、1時間の処理が30分に短縮されたら、設計開発の効率はどれだけ改善するだろう。驚くべき高速化を可能にした世界最先端のテクノロジーに迫ろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。