4K/8K時代を見据えたコンテンツ制作のこれから

 新たな技術の進展により、あらゆる業種・業態でデジタル化が加速している。デザインや広告、動画などの制作に携わるクリエイティブ業務もその1つだ。

 特にデジタル動画は、ここ数年ですっかり身近なものとなった。多くの企業が動画コンテンツを積極的に活用しており、テレビや映画、アニメ、ゲーム、Web、展示会など、様々なビジネスシーンで、情報発信力と表現力の強化に貢献している。

 消費の中心となりつつあるデジタルネイティブ世代の台頭で、動画コンテンツはテレビやスマートフォン、PC、タブレットと、あらゆるデバイスをシームレスに巻き込みながら視聴される時代となっている。こうしたコンテンツを見る・楽しむ側のデジタル化の広がりに伴い、制作側にもデジタルへの対応が強く求められてきている。

 時代は確実に4K/8Kへと向かっている。現行のフルハイビジョン(HD)の表現力だけでは物足りなくなったユーザーの期待や興味に応える上でも、クリエイティブ業務のさらなる進化は必須だといえるだろう。

 とはいえ、感性やアイデアをフルに生かした良質な動画コンテンツを制作するためには、最新のデジタル機材の活用が不可欠だ。レンダリング処理や編集をはじめとする動画制作では、非常に重たいデータやアプリケーションをストレスなく編集できるハイエンドな環境が必要となるからだ。

 4K/8K時代を見据えた今後の動画制作に向けた環境をどう整えるべきなのか。その参考となるのが「レイ」だ。

 レイは、業界屈指のデジタル映像の総合プロダクションとして、広告関係者・テレビ関係者のみならず、クオリティを重視するアーティスト・映画製作者にも高く評価される企業。誰もが耳にしたことのあるCMやミュージックビデオ、映画などの映像制作、CG/3D制作、DVDやブルーレイのパッケージ制作など幅広い分野で事業を展開している。同社では、良質なコンテンツ作りに向けて、どのような制作環境を整えているのか。次ページ以降で紹介していく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。